20190622-00000006-ryu-001-4-view

 【東京】沖縄戦で本島における日本軍の組織的戦闘の終了後、久米島に配備されていた日本軍にスパイ容疑で虐殺された仲村渠明勇さんに命を救われた少年がいた。現在、東京都練馬区で暮らす渡嘉敷一郎さん(80)だ。渡嘉敷さんは久米島に上陸した米軍に捕らわれるのを恐れて池に飛び込んで命を絶とうとしたところ、仲村渠さんの呼び掛けで思いとどまった。同じ久米島出身の妻政子さん(80)が住民虐殺の歴史を語り継ぐ活動を続けており、一郎さんも参加して語り始めた。本紙に体験を語るのは初めてで「一番怖かったのは日本兵だった」と振り返る。

 沖縄本島で捕らわれた仲村渠さんは1945年6月26日、米軍と共に久米島に上陸し、住民に投降を呼び掛けていた。日本のポツダム宣言受諾後の8月18日、島にいた日本軍の通称「山の部隊」(鹿山正海軍通信隊長)の兵士に妻子と共に殺された。

 渡嘉敷さんは旧具志川村(現久米島町)仲泊の出身で、戦争中は50~60人で避難生活を送っていた。「ヒージャーミー(米国人)に殺される」との話が住民の間に広まっていった。米軍上陸後、母親の親戚と一緒に逃げていた渡嘉敷さんは、池に飛び込もうとしていた矢先、「もう戦争は終わったよ。もう死ぬことはないぞ」という仲村渠さんの呼び掛けを聞いた。「あれは西銘(集落)の明勇だ」と誰かが叫び、われに返った渡嘉敷さんは投身を思いとどまった。

 当時、島では日本軍の隊長からは「山に上がって来ない者は殺す」との命令が下されていた。上陸してきた米軍からは、日本兵が軍服を捨てて住民にまぎれこんでいることから「家に戻りなさい。戻らなければ殺す」と投降の呼び掛けが出ていたという。どちらを選択しても死を迫られるという苦しい状況に住民は置かれていた。

 渡嘉敷さんは「明勇さんは案内人として米軍に連れてこられていた。村人が隠れているところを回って、投降を説得するのが役割だった。明勇さんに命を助けられた。島の人にとっては恩人。それを、逃げるところを後ろから日本刀で切って殺されたと聞いた」と悔しそうな表情を浮かべた。

■ほかにも住民虐殺が…

 久米島では日本軍による住民虐殺がほかにも起きている。渡嘉敷さんの妻政子さん(80)=同村仲地出身=は「島の人も関わったとされタブー(禁忌)となってきたが、何らかの形にして事実として伝えていかないといけない」と東京で島の沖縄戦について語り続けている。

 日本兵による住民虐殺は当時から住民の間でうわさになった。政子さんは「大人たちが屋号で『どこどこの誰々が殺されたよ』『部落の方で異様なことが起こっているよ』と話していたのを聞いていた」と話す。

 戦後も虐殺があったと聞いた場所に来ると、カヤを結んだ魔よけを手に通ったものだった。「子ども心にも、その時のことが思い出され、たまらない気持ちになった」。大人になって久米島の戦争の本を読んで、「ああ、あの話はそうだったのか」と記録と記憶がつながっていった。

 小学校1年で教えてくれた教諭が、島に配置されていた中野学校出身で「上原敏雄」を名乗る残置工作員だった。ある時、学校に米軍の憲兵が来て、2人で教諭を羽交い締めにして軍用車両で連行していった。その後の消息は知らないという。

 住民虐殺というテーマを語り継ぐのは重いため、得意の三線も交えて伝えている。島の悲劇にあえて向き合う夫婦。「今も残された者も重荷を背負いながら生きている」との思いを背に語り継いでいる。

 今年の慰霊の日は午後2時から、東京都練馬区立男女共同参画センター「えーる」で、久米島の沖縄戦について政子さんと一郎さんが語る会が催される。
(滝本匠)

久米島における沖縄戦での住民虐殺

 久米島に駐留した日本軍の通称「山の部隊」(鹿山正海軍通信隊長)が、6月26日の米軍上陸後にスパイ嫌疑で住民20人を殺害した。米兵に拉致された住民を「スパイ」と見なし、目隠しのまま銃剣で刺し、家に火をつけて焼き払うなどした。朝鮮人家族も犠牲になった。島には残置工作員が具志川村に上原敏雄、仲里村に深町尚親を名乗る2人(いずれも偽名)が小学校に配置されており、住民虐殺への関与が疑われている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00000006-ryu-oki

ヤフコメの反応

オオヤマト トモムスビ党

 |

こう言う左翼の年寄りの嘘を実しやかに書き立て歴史の真実のように伝える新聞社を愚かな連中だと思う。

galasoup

 |

殺し合いやってる最中に、敵のスパイと疑わしい人間を殺すのはやむを得ない。本当にスパイだったら、見逃した場合、自分だけじゃなく味方も民間人も危険にさらす。

昔流行ったサンデル教授の本に、米兵がアフガニスタンの羊飼いを見逃してやったら、敵に居場所がバレて、部隊が全滅した話が出てくる。戦場とはそういうもの。

戦後の後付けの理屈で日本軍を悪者扱いするのは、いい加減にしてもらいたい。

ing

 |

戦時下の狂った状況における個人犯罪と国防を関連付けるのは、悪質なすり替え。

日本人A

 |

パヨクは今日も日本本土と沖縄との離間策に夢中

心配しなくてもパヨクが崇拝する「中国様」に沖縄は渡しませんよ

tak*****

 |

なぜ見たと言わない?
聞いた、らしい、かもしれない
私でも言える
アメリカは沖縄の民間人を猿と間違えたや事故等といってヒューマンハンティングして楽しんだと聞いた
日本兵により行われたとされる虐殺の全てが朝鮮人兵士らしい
そのスパイ達、実は中国人や朝鮮人かもしれない
現代になり例の国が謝罪せよと言っているのは楽に金がとれるのと、国益を損なわせてマウントしたいがためだけらしい

bas*****

 | 

この話は真実なのだろうが、何気に記事の中に朝鮮人家族も犠牲になったと記されている。
何となくだが違和感を少なからず感じてしまった。
彼等のいつものやり方だからだ。
もしかしたら日本兵の中には朝鮮人出身者も居たかも知れないと ふと思った。

それはそれとして、
ひめゆりや、学徒出陣、特攻などで日本の未来を担う若者達が大勢戦争の犠牲になった。
そして敗戦。
代償はあまりにも大き過ぎた。
彼等、犠牲になった若者達の望んでいた世界が現代なのだろうか?


poke1882

 | 

日本軍の命令だと、お金がもらえますからね。渡嘉敷島がそうですよね。赤松隊長は島のひとのことを思いを寄せ墓場まで持っていきました

sir*****

 | 

その場で起きた事は当事者にしか分からない事だから第三者が有無を言うのは意味が無いけど、そういった話を利用して今の政権批判に繋げる捻じ曲がった方々が気持ち悪い。

d61*****

 | 

日本兵に助けられた住民もたくさんいた。むしろその方が多かったはず。なのに琉球新報は反対の記事しか取り上げない。

sck*****

 | 

琉球新報は中国のプロパガンダ紙という印象。
反米反日の姿勢だけで、中国への批判が伝わって来ないので直ちに信用出来ない。

mur*****

 | 

琉球新報…どこからエサをもらってこのような記事を書いたのかね?

いつも日本人を貶めるような書き方するよね…。

まるで日本人が凶暴な殺戮者のような印象を与えるような書き方はそろそろやめないと、我々の我慢も限界をこえるぞ!

opu*****

 | 

何故でしょうか?相も変わらず片寄った、偏った文面にしか感じられないです。何が言いたいんでしょうかね?戦争が悪いのか、日本兵が悪いのか?このメディアは中国のプロパガンダメディアでしょうか?

わけがわからん

 | 

戦争を始めるのには其れなりの理由が有ると思います。本当は戦争を始める理由を突き止め其れを排除しなければただ戦争反対ばかり言っていても戦争はなくならない、まずは覇権主義と武器商人これが一番悪いと思う、今、覇権主義と武器商人は何処か其れを良く考えてほしい。

日本兵に殺されたといううが本当の理由は今と成っては分からない。
スパイかも知れない。  それに日本兵が殺したと言うが多くの人は保護されて生きている。 一番多く死んだのは本土から召集されて沖縄に行った兵隊さんです。その他は米軍の艦砲射撃で亡くなった人が多い
如何して日本兵の事を悪く言ううのか、無抵抗の何の反論も出来ない人を攻撃して自分は被害者と云いたいのか。

Okaloosa

 | 

記事に出てる人の年齢が80歳。
戦後75年以上経過している。
少なくとも5歳でどれだけ確かな情報なのか?
戦争は酷いものだとは理解していますが、勘違いや感情だけで間違った情報を発信するのはどうかと思います。


yos*****

 | 

なんで突然、こんなニュースを琉球新報は流し始めた?
何が目的?

rik*****

 | 

今の感覚で当時の狂気を断罪するのはいかがなものでしょうか。



過去の歴史に向き合わず
目を背けてたら人はまた同じことを繰り返すよ。
彼らの中では日本軍はどれだけ品行方正なんだろう?戦争がどんなものなのかすら理解してないのかな?


にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へ
にほんブログ村